陽光が刺す大地に見上げる馬

「ピエロ」が好きという人もいるだろうし、嫌いな人もいるだろう。なんとも思ってない人だって。あなたが感じる「船乗り」って、どうなんだろう?

怒って吠える妹と壊れた自動販売機

出身県が違うと食生活が変わることを二人で生活しだしてからたいそう知ることになった。
ミックスジュース作ろうかと家内から急に言われ、自分はあまり飲まないけど売っていたのかなと考えたら、作ることが一般的らしい。
バナナやモモやらと氷をいっしょに入れて、市販の牛乳をさらに加えて家庭用のミキサーでミックスして出来上がり。
家で味わい飲んだのは初体験だけれど、たいそう好きだった。
感動したし、今でははまって、俺も作り飲んでいる。

どしゃ降りの仏滅の昼は椅子に座る
向かいのご主人がこのごろエサ釣りに出かけたらしいが、長時間やっても何匹かしかかからなかったらしい。
小魚がたくさんで、フカセ釣りがやりにくかったらしい。
だけれども、しかしイノコの40cmサイズが釣れたらしいから、うらやましい。
前にいただいて新鮮なうちに食べたがとってもおいしかった。
50cmもあってうまい魚があがったと話を聞いたら興奮して早く行きたくなるが、まだ行けないので今度だ。

具合悪そうに話す姉ちゃんと穴のあいた靴下

小説家、太宰治の斜陽の、大ファンの私は、静岡にある安田屋旅館に宿泊に行った。
一緒に太宰大ファンの彼氏。
こちら安田屋旅館は、太宰が斜陽の一部を書くために泊まった海が見える旅館。
階段を進むと、ギシギシと、音がする。
その、宿泊した2階の角の部屋。
富士が半分、姿を出していた。
すぐそこの海の海面にはいけすが張ってあった。
三津浜は来た甲斐ありまくり。

じめじめした休日の早朝に友人と
ずいぶん遠い昔、観賞した作品が、「ビフォアーサンライズ」というもので、日本名は恋人までの距離というものだ。
母に、「とてもいい作品」と一押しだったシネマだ。
電車内で出会ったアメリカ出身のジェシーと、フランス人の、ジュディー・デルピー演じるセリーヌは少しの間オーストリアを歩き回る話。
このストーリーの面白いのは、ここぞとばかりの問題発起とか起承転結の点の部分など、組まれていない部分。
出会ったばかりというこの2人が、恋愛観、それに、世間なんかに関してじっくり考えを述べる。
まだ中学校3年生だった私は、経験不足で子どもで、なんとなく見た作品だった。
実は、この前、偶然ツタヤで発見することができ、懐かしいなと思い借りてみたところ、ところどころ心に響いた。
特に、レコード屋でケイス・ブルームのカムヒアを聞きながら視線を投げあってしまう部分。
2人の帰国の時、要は、お別れの時、そこでラストを迎える。
見た時は心に響かなかったこの映画、時を隔てて楽しむと、ちょっと違う見方ができるのかもしれない。
見終わった後、ケイス・ブルームのカムヒアが入ったCDを、ショップより探して流している。

控え目に熱弁する姉妹と横殴りの雪

海辺がとっても近くで、サーフィンのスポットとしてもすごく有名な場所の近くに住んでいる。
なので、サーフィンをしたことがある方はすごく多く、出勤の前に朝はやくちょこっとでもサーフィンにという人もいる。
そのように、サーフィンをする人が多いので、一緒にサーフィンに行こうと言われる方もとても多かったのだけれど、絶対に断っていました。
なぜかというと、自分が、運動神経が悪く、泳げないからです。
しかし、泳げなくても大丈夫だと言われ、やってみたけれど行った場所は初心者じゃない人がサーフィンする場所で、テトラポッドが近くに広がっていて、波乗りのスペースがごく狭い海だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

じめじめした仏滅の午後に微笑んで
とある雪の日の夕方、少年は母親からおつかいをおねがいされ、はくさいとネギとぶた肉を買いにいく途中であった。
少年は思った。
今夜はおなべだ!やったぁ!…と。
しかし、ありえない事が次の瞬間に起きた。
なんと、ポケットに入れていたはずのおつかいのための千円札2枚が、どこにも無いのだ!
少年はお店のレジの行列に並んでいる時、まさかとは思っていたがズボンのポッケに手を入れて確かめてみたのだ。
そしてその瞬間、お金が何処にもないという事実に気付いたのである。
怒られる覚悟を決め、少年は手ぶらで家路につくことにした。
今度からは、お金は靴の中か靴下の中にしまおう。
少年は天を仰いでそう決心した。

どんよりした日曜の午前はお酒を

3年前から、鹿児島に住んで台風の直撃をとても気にするようになった。
風の被害が全然違うからだ。
大分に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の被害が全然違う。
サッカーのゴールが動いていくと聞いたときは、大げさだと思ったが、現実だった。
超大型台風が通過した後は、ヤシや高い樹は道路に倒れ、海の横の道路は海からのゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海沿いの民家では、車両のガラスが割れたり、民家のガラスが破損し、風が入って天井が飛んだりと本当かと思っていたようなことを見てしまった。
真上を通らずにかすっただけでも風は非常に強く、古い民家にいると家のきしむ音がたいそう心配してしまう。

雲が多い水曜の深夜にビールを
わたしは、アレルギーで、コスメはもちろん出来ないし、ケアも限られている。
どうしようもないので、野菜やサプリメントのパワーにお任せになっているが、ここ最近摂っているのがコラーゲンだ。
緑茶に入れて、毎日愛飲しているけれど、少し肌が艶やかになった。
そして、飲み始めてから調子が良くなるまで即効性があったので、驚いた。

息もつかさず自転車をこぐ兄弟と枯れた森

私は以前から、肌が全然丈夫でなく、気を付けないとトラブルが起きる。
その上、ボディーシャンプーの肌に残ってしまう使い心地があまり好きじゃない。
しかし、真冬は思いっきりぱりぱりになるので、なるべく余計な薬品が入っていないローションを使う事にしている。
愛用中の商品のびっくりするところは、値段が非常に高いので、なかなか買えないところだ。

どしゃ降りの金曜の日没はお菓子作り
アンパンマンは、小さな子に人気の番組なのだけれど非常に攻撃的のように見える。
話の最後は、アンパンチとばいきんまんをぼこぼこにして話を終わりにすることがものすごく多いように見える。
小さな子にもとっても悪影響だと私には思える。
ばいきんまんとかびるんるん達が、たいしてひどいことをしていない話の時でもぼこぼこにして話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとその他を見たら、やめろといいながらもう殴りかかっている。
話を聞くわけでもない。
説得するわけでもない。
ただ、暴力で話を終わらせるからいつになっても変わらず、いつまでたっても同じだ。
たぶん原作は違うのだろうけど、テレビ受けの内容にする必要があってそんなふうになっているのだろう。

サイト内コンテンツ

「ピエロ」が好きという人もいるだろうし、嫌いな人もいるだろう。なんとも思ってない人だって。あなたが感じる「船乗り」って、どうなんだろう?

Copyright (c) 2015 陽光が刺す大地に見上げる馬 All rights reserved.