陽光が刺す大地に見上げる馬

ねえみんな、「第一歩」に関して考えてみようよ。そんなに敬遠するような疑問は無い気がするんだ、「ビール」のことって。

涼しい金曜の夕暮れはこっそりと

夏らしいことを特にしていないが、友人と日曜日、コテージを借りバーベキューをやる。
毎年の恒例だが、たまには、息抜きになる。
男手が少人数なので、ものすごく色々と火をおこしたり準備をしないとな。
特に、炭に火をつけたりが、女性だと苦手な人がけっこういるので、活躍しないと。
ですが必ず全員でワインをがぶがぶ飲むその時は、焼酎をほどほどにするように気をつけよう。

自信を持って話す彼と冷たい雨
今時のネイルサロンは、バイオなど、とても高い技が使用されているようだ。
ちょっとだけ安くしてくれるインビテーションを譲ってもらえたので行ってみた。
かなり、カラーやデザインに対して、優柔不断なので、決定するのに時間を使った。
小指と薬指に、特別にネイルアートをしていただいて、凄く上機嫌になれた。

気持ち良さそうに泳ぐ兄弟とわたし

蝉鳴き声も聞こえなくなった夏の日の晩。
少年は縁側に座り、西瓜をほおばっていた。
スイカをかじっては種を庭に向かって吐いていると、ときどき種がうまく飛ばずに、自分の体に落ちる時もあった。
隣に置いた蚊取り線香の匂いと、風の無い暑い夜、それと口いっぱいの西瓜。
少年はそんな事を感じながら、残りの夏休みは何をして遊ぼうかな、と思っていた。

ぽかぽかした金曜の早朝にビールを
案外仕立てるために必要な布はばかにならない。
自分の子供が幼稚園に行くので、色々と手作りの袋が指定された必要品だけど、どこかしら縫物の為の生地が高かった。
目立って、固有のキャラクターものの縫物の為の生地なんて、とっても金額がいった。
幼児向けのキャラクターものの縫物の為の生地が非常に高かった。
使う大きさののかばんがわりのものを買った方が早いし、安そうだけれども、しかし、かたいなかなので、皆、母親が縫ったものだし、近辺に販売していない。

蒸し暑い祝日の早朝に目を閉じて

今日この頃、おなかのぜい肉を頑張って減らそうと思い筋トレを頑張っている。
小さな娘を自分のお腹にしがみつかせて回数を声を出し数えながら腹筋をしたら、子供との遊びにもなるし、娘も一から数を耳で覚えるし、俺の横腹の脂肪も減るし、一挙両得だと考えていたら、最初のうちは、しっかりしがみつきながら笑っていた2歳の娘も退屈なのか、やらなくなってしまった。

湿気の多い火曜の午前は立ちっぱなしで
そんなには、ドラマは視聴しないほうだけれど、ここ最近、それでも、生きていくをかかさず見ている。
加害者側の両親と妹と殺された側の親兄弟が会うことになってという流れで、ふつうに考えてあるはずがない話の流れだ。
被害者側の親兄弟と犯人側の親兄弟のどちら側も不幸にあっている様子が出されている。
ストーリーの内容はものすごく暗いと思うが、その分、映像の色づかいはきれいなようにつくられている。
花や緑や自然の映像がすごく多く使われていて、牧歌的というのかきれいな映像がとても多用されている。
今後、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

陽気に大声を出す友達と失くしたストラップ

20歳のころよりNHK教育テレビを見ることがすごく多くなった。
昔は、母親やひいばあちゃんが見ていたら、民放のものが見たいのにと思っていたが、このごろは、NHKも見る。
かたくない番組がたいそう少ないと思っていたのだけれど、最近は、かたくないものも以外と多いと思う。
それから、かたい内容のものも好んで見るようになった。
また、暴力的でない内容のものや子供に悪い影響がとても少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる今は見やすい。
NHK以外では、アンパンマンですらすごく暴力的のように見える。
いつもぼこぼこにして解決だから、私の子供も笑いながら殴るようになってしまった。

風の無い木曜の夕方に焼酎を
少年は真夜中の3時に目覚めてしまった。
夏休みが始まって10日程度経った夏だった。
あまりの暑さに深く眠れなかったようだ。
扇風機は部屋の空気をかき混ぜているだけで、ちっとも涼しくない。

暑くて寝れないし、お腹も減ったので、少年は大好きなカレーを作る事にした。
冷蔵庫を開いて食材を確認し、肉と野菜のしたくを整え、料理し始めた。
夜明け前には、台所からは、スパイシーなカレーの香りが漂っていた。

天気の良い休日の早朝は読書を

江國香織さんの物語に出てくる女性は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
不倫を責めない。
だけど、運命的に好きなのは別のただ一人。
なんて女性が多く見られるような気がします。
不倫を陰だとすれば、本命は陽。
たまに別人が入ったように陰が出てくる。
旦那意外との恋愛に関する善悪の定義は無視して、その物語の主人公を凝視する。
私の中にもう一つの愛や新たな価値観が現れることもありえる。

暑い祝日の夜明けに焼酎を
2年前、体の調子があまり良くない上に、食事と、睡眠の内容が良くなかったので、口内炎が多発した。
嫌だなあと思い、生活リズムを整え、体にいい事をやろうと周りの意見を聞いた。
そしたら勧められたのが、アセロラドリンクだ。
しばらくたった今でもしょっちゅう飲む。
れもんよりもビタミンCがごっそり摂れるという。
ヘルシーと美しさはやっぱり果物から出来るのかもしれない。

サイト内コンテンツ

ねえみんな、「第一歩」に関して考えてみようよ。そんなに敬遠するような疑問は無い気がするんだ、「ビール」のことって。

Copyright (c) 2015 陽光が刺す大地に見上げる馬 All rights reserved.